近年、後継者が見つからないなどの理由から、M&Aを活用して事業承継する経営者が増えています。後継者不足や従業員の雇用問題を解決できる手法として注目を集めるM&Aですが、事業承継する際には気をつけるべきポイントもいくつかあります。そこで今回は、事業承継において経営者が抱える問題をはじめ、M&Aによる事業承継のメリットや注意点、M&Aの手法などを解説します。M&Aによる事業承継を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

事業承継において経営者が抱える問題

事業承継問題にはさまざまな種類がありますが、中小企業の経営者が抱える問題としてよくあげられているのは後継者不足です。会社や事業を引き継いでもらう後継者がいない、見つからないといった問題から引退の時期を決められないなどの悩みを抱える経営者は多くいます。後継者不足の具体的な理由で多いのは、子供が事業を引き継ぎたくないことや身近な人のなかに適任者がいないことです。今後少子高齢化が進むにつれて、そもそも事業を承継させられる子供や親族がいないなどの問題も増加するといわれています。

また、引退した後のプランが決まっておらず、事業承継に踏み出せないといった経営者も存在します。後継者がいない場合、廃業を考えるのも1つの方法ですが、廃業するにしても債務や従業員の雇用などさまざまな問題が立ちふさがります。こうした事業承継の悩みを抱える経営者の多くが、廃業せず第三者に事業承継する方法としてM&Aを活用し始めています。

M&Aによる事業承継のメリット

M&Aを活用して事業承継する場合、全国のさまざまな企業のなかから買い手を探すことになります。そのため事業承継するのに最適な会社が見つかる可能性が高く、後継者問題の解決も期待できます。買い手を探す方法としては、M&A仲介会社を利用するのが一般的です。M&A仲介会社を通すことによって幅広い選択肢のなかから買い手となる会社を見つけ、既存の事業を引き継いでもらえる可能性があります。M&Aによる事業承継は、経営者自身の個人保証や担保提供から解放されるといったメリットがあります。経営者は事業承継後、そのまま引退するか役員として留まるかなどの選択をすることも可能です。また、従業員を譲渡先の企業に引き継いでもらえる可能性もあるため、従業員の雇用問題解決も期待できます。

M&Aで事業承継を行うときの注意点

M&Aを取りまとめるためには一定の時間が必要となります。場合によっては、交渉だけで数年かかってしまうケースも存在します。M&A専門会社に依頼する場合、かかる時間やコストについてしっかりと検討しておくことが大切です。また、M&Aによる事業承継では、必ずしも経営者の理想が叶えられるわけではないことも注意したいポイントの1つです。M&Aによる事業承継をしたあと会社の方針が大きく変わってしまうこともあるため、譲渡先の会社は慎重に選定する必要があります。

M&Aの手法にはさまざまなものがある

M&Aの手法にはさまざまな種類がありますが、その1つとしてあげられるのが株式譲渡による事業承継です。株式譲渡は買い手となる会社に自社の株式を売却することで、経営権を譲渡する方法のことをいいます。株式譲渡は社内手続きによって行うことができるため、手間があまりかからないといったメリットがあります。また経営権が譲渡されることにより、金融機関などの借入もそのまま引き継がれます。

M&Aのもう1つの手法としてあげられるのは事業譲渡です。事業譲渡は事業の全部もしくは一部を売却する方法で、買い手側には必要な事業だけを選べるメリットがあります。ただし、契約関係や債権債務は個別に引き継ぐ必要があることなどから、事務手続きが複雑になりやすいといったデメリットがあるのも特徴です。

M&Aの手法の1つである会社分割は、多くの場合組織再編に使われますが、事業承継の手段として利用されることもあります。事業譲渡と似た手法ともいわれていますが、税金や事務手続きといった面で異なります。会社分割は労働契約承継法に則った手続きを取ることで、従業員との雇用関係も承継可能となるメリットがあります。また、消費税が課税されないといったメリットがあるのも会社分割の特徴です。

事業承継で意識しておきたいポイント

M&Aによる事業承継はすぐに行えるというわけではなく、ある程度の時間を必要とするケースがほとんどです。そのため、M&Aによる事業承継をする際には、なるべく早めに準備にとりかかる必要があります。また、できるだけ有利な条件で事業承継をしたい場合、ある程度事前に準備しておくことが大切です。負債や在庫を少なくし、経営上のトラブルを可能な限り解消しておくことで、M&Aを有利に進められる可能性も期待できます。業績が悪化している状態でM&Aを行おうとしても高値で売れず、交渉が白紙になるなど上手く行かないこともあります。M&Aによる事業承継はタイミングをよく見極めることが重要です。

基本的な流れを押さえたうえでM&Aを行おう

M&Aによる事業承継には後継者問題を解決できるなどのメリットがありますが、注意しておきたいこともいくつかあります。基本的な流れを正しく理解したうえで、タイミングを見極めてからM&Aを行うことが大切です。また、会社や事業を売却する際は買い手を探したり、交渉をしたり手続きにも何かと手間がかかります。

こうした手間を少しでも減らすために、専門家に相談してみるのも1つの方法です。SKC会計グループのSKC北九州M&Aセンターでは北九州市を中心に、会社や事業の買収・売却に関する相談を承っています。M&Aによる事業承継のことなら、ぜひ一度SKC北九州M&Aセンターにご相談ください。

お気軽にお問い合わせください。093-482-5066受付時間 9:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。